仮想通貨取引にとって重要なリスク管理の種類

仮想通貨は値動きの大きい相場であるため、いっそう慎重なリスク管理が必要です。
リスク管理を徹底させることで、大きな損失を回避し、堅実に利益を重ねていく期待もできます。
仮想通貨取引のリスクについては、まず「値動きのリスク」があります。
もちろんこれは株やFXにも存在するリスクです。
しかし、仮想通貨の最も特徴的な部分は値動きが急激で、その幅が大きい点にあります。
現在では投資の一つとして仮想通貨取引も一般的になりつつありますが、従来からある株式市場や為替市場と比較して、まだ規模は非常に小さい市場です。
そのことから大口投資家やヘッジファンドなどの投資動向による影響を受けやすく、予想外の大きな価格変動が起こりがちです。
レバレッジ取引の場合は、取引所による強制ロスカットが行われる可能性もあります。
それを避けるためには、証拠金を増やす必要があります。
但し、取引所の強制ロスカットに引っかかる前に、自分なりのロスカットラインを設定し、大きな損失を出さない意識も必要です。
また、取引所自体に関係するリスクもあります。
為替市場に比べて、仮想通貨市場は歴史が新しいため、取引所の信頼性もまだ発展途上にあると言えます。
取引所が経営破綻すれば、預けている資金が引き出せない状況になる可能性もあります。
外部からのハッキングで、取引所の仮想通貨が奪われる事件も起こっています。
自分の資金が失われる事態はそこまで確率としては高くありませんが、万が一の場合を考えて資金管理に注意を払う必要があります。
取引に必要な資金だけ取引所に預けることや、長期間資金を放置しないなど、自分でできる対策を施すことがリスク管理にとって大切です。
取引所にシステムダウンがあった場合も一時的に取引ができなくなるため、その間に価格が大きく動けば損失を出す可能性があります。
取引所の信頼については、比較サイトも参考にして、情報をしっかり集めておくことが大切です。
トレーダー自身のメンタル管理も、リスク対策としては重要なテーマです。
特に仮想通貨市場は値動きが激しく、取引による興奮状態が続くことによる無謀な取引をしてしまう場合があります。
損失を出している最中で、大きな反動を期待して、ロスカットができなくなる心理状態に陥ることもよくあるケースです。
価格が極端な形で、一方の方向に進むこともあります。
ロスカットしなければ、含み損がさらに増える危険性があることを十分に理解しておく必要があります。
可能な限り冷静な心理状態を維持するためには、自分が作った取引ルールに従って取引を行うことを徹底することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする