ネット調査によるネット副業ランキング

2021年、ネット調査によるネット副業ランキングでは、上位をクラウドワークスによる副業、仮想通貨への投資、アンケートサイト利用が上位を占めるという結果となっています。
その理由ですが、一つは自分がすでに企業に勤めている場合においてはクラウドワークスによるネット副業は参戦する際のリスクが低いという利点があります。

ネット副業は多くは、参戦するに際して利点として参加費用が徴収されないという大きな利点があります。しかし、参加費用が掛からないが故、個々の能力を示すことが出来ない場合、収益へと繋がらないという欠点もあり、すでに企業で務めている人間で能力がある物以外はお仕事を得ることすら難しいのです。

逆を返せば、能力さえあれば認められるのがクラウドワークスによる就労で、堅実に収益を得るための手法としては口コミにおいて評判が高いのがクラウドワークスになります。
一方で、一獲千金を狙うことが出来るネット副業と言う物も人気があり、仮想通貨などは20代の若い世代に評判がある副業となっています。

そして誰でも参加可能で収益化することが出来るアンケートも2021年においては未だ人気ある副業の一つで参加者を選ばないという特性から幅広い世帯に人気です。

一方で人気が無いネット副業については、せどりや、株式投資の他ウーバーイーツなどのデリバリースタッフの仕事が首位を落としています。

その理由については、まずせどりにおいてはライバルとなる方々が多い点、在庫を抱えるという性質上本業に差し支えがあるお仕事である点もあり、せどりはその首位を下げつつあります。
そして株式投資については、2021年現在においては経済活動が鈍化しているため、どの銘柄を購入しても収益に繋がらないのではないかと言う懸念もあり、仮想通貨側へと投資家が流れるという結果となっているようです。

最後のウーバーイーツなどの飲食物の配送スタッフについては、管理体制が問題視され、配送スタッフ側にすべての責任があるという管理体制化であるが故、参加する副業者が減少することの他、一部マナーが悪い配送スタッフによる問題があった影響かもあり、その存在自体があまり良い評判へと繋がっておらず、首位を下げる結果となりました。

以上から、ネット副業のランキングからは、すでにお仕事をしている方においてはネットを通してお仕事を探すことが出来るクラウドワークスが人気があるコンテンツで、それに準ずる形で資格を必要としない仮想通貨トレードやアンケートサイトの利用が2021年度のネット副業の首位となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする